Shutterstockにベクター画像をアップする方法がやりやすくなった?

本日、Shutterstockから「Shutterstockにベクター画像をアップロードする方法が新しくなりました。」というメールが届いていました。

ベクター形式のファイルはこれまでは同名のJpegファイルとセットで出す必要があったのですが、4月8日からは、ベクターファイルだけでもOKになるようです。

しかし、ベクターファイルは、4メガピクセル以上必要で、アートボードサイズではなく、作品の境界線ボックスで測定するとのことです。ファイルの容量は50MBまでOKとのこと。

メガピクセルとは100万ピクセル(1,000,000)のことです。作品の大きさを4メガピクセルにするには、 縦と横のピクセルをかけて400万ピクセル以上になるようにすればOKということになります。

たとえば、正方形なら縦横が2000ピクセルあれば大丈夫ということになります。
結構大きいですけど、15メガピクセルが必要なAdobeStockよりはマシかも…。

さらにこんな注意書きがありました。

CMYK PostScriptを含むRGBモードでEPSを保存した場合、CMYKモードでJPGプレビューがレンダリングされます。この方法では、微妙な色変化が生じることがあります。そのため、RGBファイルにはCMYK PostScriptを含めないことをおすすめします。

ファイルをeps保存するときに、次のように設定して保存すればOKかと思います。

Follow me!