dropstock.ioでイラストをストックサイトに一括投稿する方法

dropstock.ioのサイト

複数のストックイラストサイトにイラストや写真を投稿する方法はいろいろありますが、dropstock.io(海外サイト、英語)という、dropboxを経由して、複数サイトへ一括でイラストを投稿できるサイトがありましたので、ご紹介します。

dropstock.ioに登録する

dropstock.ioのトップページの一番下に、「SIGN UP NOW!」というボタンがありますので、こちらをクリックします。

メールアドレスとパスワードを入力して、登録します。

登録が完了して、ログインすると、右上にメニューがあります。「Pricing」というボタンを押すと、利用できる容量ごとに異なるプランと価格が用意されていることがわかります。基本的には一番左の「FREE」プランで十分かと思います。

Dropboxに登録する

Dropboxのアカウントを持っていない場合、Dropboxに登録します。(登録のしかたはここでは割愛します)。→Dropboxのサイト

Dropboxをdropstock.ioにリンクさせる

右上のメニューにある「Setup」をクリックします。

「CONNECT WITH DROPBOX」をクリックします。

各ストックイラストサイトへアップロードする準備をする

さきほどと同じ画面の下のほうに、アップロード可能な各ストックイラストサイトのリストが表示されています(※Shutterstockは、現在バグがあるらしく、問い合わせ中だそうです)。

今回は、123RF へのアップロード手順を説明します。
123RF に登録していることが前提です。

リストの上にある、「Your FTP Credential」のところまで行き、「+Add credentials」をクリックします。

下記のように、リストから名前やFTPをコピペします。

UsernameやPasswordには、 123RF のユーザーネームとパスワードを入れます。

Upload-Foldersは、JpegとEPS(ベクターファイル)の二種類をアップロードできるので、Jpeg用に「upload/images」を選び、EPS用に 「upload/vectors」を選びます。

2つを選ぶと、下記のように表示されます。

「SAVE」ボタンを押して保存します。

「Your FTP Credential」 が次のように表示されます。

修正する場合は、右側の鉛筆マークをクリックします。

これで、dropstock.ico側の設定は終わりです。

Dropboxにイラストをアップロードする

Dropboxを開きます。すると、次のようなフォルダができています。

dropstock.ioをクリックすると、imagesとvectorsの2つのフォルダが出てきます。

それぞれのフォルダを開いて、jpegファイルはimagesフォルダに、EPSファイルはvectorsフォルダにそれぞれアップロードします。

JPEGをドラッグ
EPSファイルをドラッグ

ファイルをドロップするやいなや、すぐにファイルは 123RF へアップロードされます。

アップロードが完了すると、「done」というフォルダに移動されます。

123RFのアップロード状況を見る

123RFのアップロード状況を見てみると、EPSファイルがアップロード中であることがわかります。

アップロードが完了したら、タイトルやタグ付けなどをして、イラストを提出してください。

これでアップロード作業は完了です。

dropstock.ioで確認

dropstock.ioのサイトに戻り、「Uploads」をクリックすると、さきほどアップロードしたファイルのリストが表示されています。

状況を更新したいときは、「Refresh」をクリックします。

dropstock.ioにリストされているサイトは、おそらくほぼアップロード可能(できないのもあるみたいです)かと思いますので、たくさんサイトに登録している人は、 dropstock.io を試してみてはいかがでしょうか。

Youtubeの説明ビデオ(英語)

dropstock.ioの説明ビデオがYoutubeにありましたので、一連の流れがつかめるかと思います。

Follow me!