ストックフォトでイラストを売るのに向いている人は?

ストックフォトにイラストを登録して、収入を上げられそうな人はどんな人なのでしょうか?

グラフィックデザイナーさん

グラフィックデザイナーさんは普段のお仕事で常に商業的なイラストを描いていますので、これまで培ってきた技術を生かして、イラストを投稿できます。

ストックフォトは、実際の仕事とは違って、締め切りや顧客の要望に合わせる必要がなく、好きなように描いたものをいつでもアップロードできます。おまけに収入も得られるのです。

実際、ストックフォトサイトには、グラフィックデザイナーさんが多数参加されています。もともと実力があるので、副業としては非常に高い成功を収めており、本業をしのぐほど稼いでいる人もいるのではないでしょうか。

DTP関連の職業に就いている人(DTPオペレーターなど)

DTPオペレーターなど、グラフィックデザイナーでなくても、IllustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフトを扱った経験のある人なら、普段の仕事では決して描くことのなかったイラストを自分の好きなように描き、それをストックフォトで公開すればいいのです。

イラストを描く際には、イラストの描き方についても調べたり勉強したりすることもあると思うので、スキルアップを図るチャンスにもなります。

まったくイラストを描いたことがないが、これからやってみたいと思っている人

イラストをこれまでに描いたことがない人ですが、ストックフォトは向いているのでしょうか? はい、向いている人はいます。イラストを描きたい、ただそれだけの気持ちがあり、イラストを描くという行動を起こしている人ならば。そのような人はスキルも向上し、イラストを誰かに見てもらいたい、という気持ちも起きているでしょう。

勇気を出して、ストックフォトに投稿し、誰かがそれを購入してくれれば、自分のイラストが使ってもらえるという喜びが芽生え、そして、継続するというモチベーションが出てきます。そしてスキルがますます向上し、ダウンロード数が増え、収入もアップする、という正のスパイラルが起きます。ひいては、イラストレーターとしてのデビューも夢ではないかもしれません。

イラストを趣味で描いており、さらにスキルアップしたい人

趣味レベルでイラストを描いている人でも、ストックフォトサイトにイラストをアップロードするのは十分オッケーです。自分の作品なんて…と遠慮するのは非常にもったいないことです。ストックフォトサイトは全世界に公開されているので、あなたの作品を必要としている人はどこかにいるはずです。

また、ストックフォトにアップロードされている素晴らしい作品(イラスト)を見るだけでもとても勉強になります。どのようなイラストが人気なのか、どうやって描いているのか、どのようなタッチが人気なのか・・・といった点に注意しながら、他の人のイラストを眺めるのです。

埋もれていたイラストを世に出したい人

描きためていたイラスト、何らかの事情でボツになったイラスト、自分ではイマイチと思ってお蔵入りにしていたイラスト・・・等々がありましたら、試しにストックフォトにアップしてみてはどうでしょうか?

私も、イラストを描き始めた頃のイラストで、自分ではイマイチだなと思っていたものがいくつかありました。試しにストックフォトに出してみたところ、そのうちの一つが意外にも海外の人に受けるテイストだったようで、なぜかそれが私のイラストの中でダウンロード数ナンバー1になっています。

何事もやってみなくてはわからないことだらけです。

ストックフォトへのイラスト投稿は、イラストを発表したいと思う人ならだれでもチャレンジできるので、ぜひやってみてください! 想像していたよりもハードルが低かったことに驚くと思います。

Follow me!