イラストを描くソフトを揃える~Illustrator編~

前回の記事では、イラストを描くソフトとしてInkscapeを紹介しましたが、今回は、Adobe社のIllustratorを紹介したいと思います。  

Illustratorはプロのための御用達ソフト

Illustratorはプロのグラフィックデザイナーやイラストレーターさんも使用する優れたソフトで、全世界で使われています。管理人もイラストを描くのにIllustratorを使っていますが、とても使いやすく、さまざまな表現ができるので、もはや手放せないソフトになっています。   将来、グラフィックデザイナーやイラストレーターを目指している人ならば、Illustratorは(Photoshopとともに)必須のソフトです。  

ストックフォトでもIllustratorのイラストが有利

ストックフォトサイトでは、基本的にIllustratorで作成したベクター形式のイラストを受け付けています。一方、Inkscapeで作ったイラストもeps形式に変換して、ストックフォトに提出できるサイトもありますが、受け付けてくれないサイトもありますので、複数のサイトにイラストを提出したい場合は、最初からIllustratorで作ったほうがいいと思います。  

Illustratorで作ったイラストはダウンロードされやすい

Illustratorで作成したイラストは、JPEGやPNG画像に比べてダウンロード率が高い、という点もIllustratorを持っていたほうがいい理由の一つです。   イラストの購入者がIllustratorを持っていれば、その人がイラストに何か付け加える、色を変える、加工する、といった作業が非常にやりやすくなるからです。また、現在デザインしているIllustrator作業画面に、ダウンロードしたイラストを直接貼り付けられる、といったことも作業としては楽なので、Illustratorで作ったベクター形式の画像がよくダウンロードされるのです。  

Illustratorを導入する

Adobe Creative Cloudのサイトにて購入します。 パッケージでは売っておらず、月々の使用料金を払い、ソフトをダウンロードしてインストールする、という形になっています。  

Creative Cloud単体プラン

Illustratorを単体で購入するプランです。

料金:2,480円/月 (税別) (アカデミックは1,680円/月)。 

Creative Cloud コンプリートプランの購入はこちらからできます

Creative Cloudコンプリートプラン

Adobeのほとんどすべてのソフトが使えるプランです。

Photoshopももちろん入っています。 料金:5,680 円/月(税別)〜(アカデミックは1,980円/月 (税別) )。 

Creative Cloud コンプリートプランの購入はこちらからできます

Illustratorの主な機能

イラスト作成でよく使うIllustratorの機能はだいたい次のとおりです。

  • グラデーション
  • グラデーションメッシュ

グラデーションメッシュで作成されたイラストの例

  • 3D効果
  • エンベロープ(扇形や曲面に文字や絵を沿わせるように配置できる機能)

 こちらの絵の箱の側面には星が張り付いていますが、これはエンベロープ機能を使って作成されたものです。  

  • トレース機能

手描きイラストをベクター形式のイラストに変換できる機能です。     以上に挙げたもの以外にも、たくさんの機能があります。 非常に多機能なため、すべて書ききれないのですが、それだけIllustratorは多彩な表現が可能なソフトであることを示しています。   

Illustratorは月々の料金が発生しますが持っていても損はないソフトです。イラストレーターやグラフィックデザイナーといったプロを目指すのであれば、持っておくべきです。多機能で多彩な表現ができ、使っていても楽しいソフト。イラストの表現の幅が広がります。

Follow me!