イラストの不正販売ヤーにご注意

kororo さんの イラストです♪

私たちが手間暇かけて描いたイラストを大量に収集し、別のサイト(あるいは大胆にも同じサイトで)不正販売するという不届き者がいるようです。

昨日、アリーサントワネットさんというかたのツイートがリツイートされていました。そこには、イラストACの素敵なイラストをShutterstockで販売している輩がいるということでした。

アリーサントワネットさん曰く、こういった人たちのことを「ストックパクリ垢」というそうです。

そのストックパクリ垢はこちら

自分のイラストがないか確認してみる

念のため、自分のイラストが含まれていないかどうか、調べてください、とのことでしたので、そのストックパクリ垢のサイトを見てみました。

まさか自分の稚拙なイラストはないだろうと思って、おそるおそる覗いてみると――ありませんでした!!(笑)

素晴らしい作品ばかり盗まれているので、当然といえば当然ですね(喜んでいいのか悲しんでいいのか(笑))

しかし過去にイラストを盗まれた経験あり(たぶん)

しかし私のイラストでも、過去に丸ごと盗まれそうになった経験があります。

2年ほど前、イラストが無料ダウンロードできるサイトをWordPressで作ってみました(今は閉鎖)。

ダウンロード用に、「Download Monitor」という無料プラグインを使用しました。
このプラグインは、素材がどれだけダウンロードしたかをモニター、カウントしてくれるのです。こちらの記事でも使っています(→【Free】手描きSNSアイコン

サイトを作ってからわずか3日後、なぜかアクセスが上昇し、イラストがどんどんダウンロードされていっているのです。

そのとき、イラストは500個ぐらいあったのですが、そのイラストを最初から最後までどんどんダウンロードしているのです。

途中でおかしいと気づく

そのダウンロードのされかたが、人間によるものではなく機械的な、ロボットがやっているような感じに見えたので、途中で「ん? なんかこれは怪しい」と思うようになりました。

1日が終わると、その次の日も、同じipアドレスから、機械的なダウンロードが始まりました。

そのipアドレスからのアクセスをブロックする

恐怖を感じたので、そのipアドレスを調べたところ、「Amazon Web Services (AWS)」を使っていることがわかりました。

そこで、そのアドレスが自分のサイトにアクセスできないようにするため、契約しているエックスサーバーで「アクセス拒否設定」の設定をしました。

設定後は、そのアドレスからのアクセスは来なくなり、一安心しました。

イラストの不正販売は日常茶飯事?

フリーイラストで有名な「いらすとや」さんのイラストがEtsyで販売されているのを発見したことがあります。このときはEtsyに通報しておきましたが…。

海外でもShutterstockのイラストが、Etsyで販売されているという書き込みを見たことがあります。

まじでこれは「いたちごっこ」の様相を呈しています。

自分のイラストが不正販売されていたら

そのサイトに通報する以外に方法はないようです。

イラストACの場合、イラストACさんに報告すればよいとのことです。

また、イラストACでは、イラストを登録するときに「著作権確認」欄というのがあり、こちらに、別のストックフォトサイトで公開しているイラストのアドレスを入力しておけば、イラストACさんも確認がスムーズにできるのかもしれません。

PIXTAでは、不正使用報告フォームというのが設けられています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。