フレークシールを自作というか台紙をはがすのは大変

現在販売中の「カレンダー用スケジュールシール」ですが、自分でも試しに印刷して、フレークシールを作ってみることにしました。

フレークシールって何?という思うかたもいるかもしれません。実は私も最近まで知らなかったのです。要するに、図柄に合わせてカットしてあるシールのことを言うそうです。

使用した用紙は、エーワンの「28907 インクジェットプリンタラベル A4 ノーカット マットタイプ」と、同社の「28691 ラベルシール 光沢紙 ノーカット 10枚 28691」です。

最初は、前者のマットタイプで印刷してみました。
そして、いざハサミでカットして台紙をめくろうとすると・・・・・

これがなかなかめくれない!!

次に後者の 「ラベルシール 光沢紙 ノーカット 10枚 28691」 に印刷してみて、ハサミでカット。

さて剥がしてみると・・・ちょっと手間取りますが、マット紙に比べてとても剥がしやすい!!
マット紙より光沢紙のほうが剥がしやすいようです。

カレンダーに貼ったところ

実際の予定とは違うのですが、いくつかカレンダーに貼ってみました。
貼ったのは、もちろん光沢紙のほうです。

写真のようにシールを10個貼るのに10分もかかりませんでした。

シールに書き込みする場合は、マット紙のほうが書きやすいかもしれませんが、ボールペンなら光沢紙でも十分書けますよ。


コメント